スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北へ

IMGP0243.jpg
2011 10/31~11/1 奥入瀬渓流へ行ってきた。

IMGP0273.jpg

IMGP0266.jpg

IMGP0276.jpg

IMGP0319.jpg

IMGP0367.jpg

IMGP0235.jpg

IMGP0232.jpg

見ごろには少し早かったようですが、また機会があれば訪れてみたいと思います。


距離

距離
宿泊先の奥入瀬渓流ホテルから十和田湖までの区間を徒歩で往復してみましたが、半日あれば歩けるくらいの距離。
ドールの撮影はちょっと厳しい、展開する場所がなかった。

続きをたたむ

tag : 奥入瀬渓流

ドールショウ32

ドールショウ32に行ってきました。
カメラもドールも持っていかなかったので買い物したものだけのUPになります。

P1100195.jpg
和装小物を少し買ってきました。

MDDもしくはMSDサイズにい合う衣桁があれば振袖を飾っておく事も出来るのですが・・・
需要がそんなにないと思うので多分作っているディーラーさんも無さそう。
いずれ作ってみようかな・・・

大和ミュージアム

P1100093.jpg
倉敷へ旅行に行った際に呉にある「大和ミュージアム」へ行ってきました。

ここの展示物の目玉はなんと言っても1/10スケールの大和の模型(全長26.3m)
P1100089.jpg

P1100070.jpg

P1100080.jpg
第3砲塔後方にあるカタパルトには弾着観測用としての零観(零式水上観測機)の模型が。

その他にも、人間魚雷「回天」、特殊潜航艇「海龍」、零戦62型などが展示されている。

零式艦上戦闘機62型
P1100084.jpg

P1100085.jpg
この零戦、1978年に琵琶湖から引き揚げられたもので、その後嵐山美術館によって修復、展示されていたが、美術館の閉館と共に和歌山県白浜町の「ゼロパーク」に移管された。しかしそこも閉館となり、大和ミュージアムに引き取られたとの事。
いずれにしても零戦としては末期状態で、特攻などがさかんになってきたころの機体である。
機体の日の丸にも白の縁取りはない。

展示の機体は愛知県明治基地、第210海軍航空隊の所属で、1945年8月6日夕刻、吾妻常夫中尉の操縦で飛行中にエンジントラブルを起こし琵琶湖に不時着したものだ。
説明ボードによると中島飛行機で製造された機体で製造番号は82729となっている。

62型の大きな特徴は胴体中央下部に250キロ爆弾を搭載可能にしたところだ。
爆撃機不足のため、爆撃任務にも耐えられるように改良されたのだが、まさに特攻向けであった。
また主翼下には60キロ爆弾各1発を装着可能。
爆装以外の武装は翼に九九式二号20mm機銃2挺と三式13.2mm機銃2挺、機首右側に三式13.2mm機銃1挺といった装備だ。 初期の零戦と比べるとかなりの重装備である。

続きをたたむ

ちょっと旅行へ・・・

P1100033.jpg
倉敷 美観地区

P1100041.jpg

P1100043.jpg

P1100051.jpg

倉敷から宮島へ移動・・・
P1100172.jpg
台風の影響で電車が止まってしまい宮島で足止め。 急遽1泊延長

P1100123.jpg
宮島 厳島神社の大鳥居

P1100182.jpg
干潮時は鳥居の真下まで歩いて行く事が。

P1100116.jpg

P1100185.jpg
厳島神社本社


ライトアップされた大鳥居

P1100160.jpg
倉敷、宮島と行ってきましたが、観光案内などの写真で見る以上にいい場所でした。
厳島神社はまた秋の紅葉の時期にでも改めて行こうかと思います。

続きをたたむ

tag : ドール 野外撮影 厳島神社 倉敷 MDD

トップ画像



FOCUS CAYO 09モデルにバリアジャケットを着せたなのはを座らせて。
多摩川に架かる橋にて撮影。

CAYO 09モデルは色に魅かれて・・・
検索フォーム
-Link- ドール関連
-Link- なのは関連
イラスト系サイトさま
       
SS系サイトさま
-Link- なんかいろいろ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。